04

AUG

2017

ドリフトの魅力とは

後輪からモクモク白煙を噴き出し、ハイスピードで車体を真横に滑らせすっ飛んでくるドリフト走行。いったいナゼそんな走り方ができるのか。

ドリフト競技で走るマシンは、エンジンの改造やより大きなターボの装着などで、どのマシンも裕に600馬力を越し、中には1000馬力以上というマシンもある。かの有名なスーパースポーツカーのNISSAN-GT-Rのノーマルが570馬力ということを考えれば、これがどれほどすごい馬力かおわかりだろう。

そんなマシンに履かせているタイヤは、市販されているハイグリップスポーツラジアル。つまり誰でも普通に買えるタイヤだ。とはいえ、一般のクルマにこのタイヤを装着してもグリップ力が強く、通常はとても滑らせる様なことをできるシロモノではない。いずれもメーカーを代表する最高のハイグリップスポーツラジアルタイヤだ。そこへドリフト競技車は、とてつもないパワーとスピードで、強烈にタイヤを滑らせていく。しかも、そんなマシンたちがテール・トゥ・ノーズでコーナーめがけ突入してくる様は、客席から観ていてもワクワク感とクラッシュ寸前のドキドキ感で鳥肌モノなのだ!

ドライバー達は皆スタートと同時にフル加速をし、少しでもアドバンテージをとり、加速状態でドリフト走行に持ち込む。これぞ非日常が生まれる瞬間だ。FIAドリフトはそんな非日常を誰でも体験することができるイベントなのだ。